中級ポールトリック

【中級】チョップスティックス<ポールダンストリック講座>

こんにちは!!今回はポールダンスの技チョップスティックスのやり方について解説します!

この技は海外で「Chopsticksチョップスティックス)」と呼ばれています*

身体をクロスさせて、両足を大きく開脚させる姿がなんとなくチョップスティックス(箸)に似ていますよね^^♪

こちらはフォトジェニックな技ですので、ポールシューティング(アーティスト写真撮影)や、インスタグラムでもよく見かける技です。

またダブルスでもよく使われていたりします^^

こちらの技は前屈の柔軟性が必要となる技です。ですので、実践する前にしっかりストレッチを行いましょう♪

それでは早速みていきましょう!!

チョップスティックスのやり方

①ポールに登りベーシックシットでポールに座る。

②ポールを掴む手と反対側に上半身を倒す。

③ポールを掴んでいない方の手で逆サイドの足首・ふくらはぎのあたりを掴む。この時、足の甲は身体の方に向けましょう!

上手く太ももにポールを引っ掛けられない場合は、足の甲が天井を向いているケースが考えられます。ですので、その場合は足の甲を内側に向けて行ってみてください^^

④安全の確認できたら、ポールにかかっている足を後方へと伸ばす。チョップスティックスの完成!!

安全のため、最初行う際は、ポールの上ではなく地上で体制を確認してからポールの上で行いましょう^^

【応用編】チョップスティックスのやり方

ノーマルバージョンを習得できたら、お次は応用編です^^

こちらは、ポールを手で掴まず、足・ウエストのみでポールをホールドします!

①ポールに登りベーシックシットでポールに座る。

②ポールを掴む手と反対側に上半身を倒す。

③ポールを掴んでいない方の手で逆サイドの足首・ふくらはぎのあたりを掴み、ポールを掴んでいた手で、ヒップを支える。この時、足の甲は身体の方に向けましょう!イメージはジェイドスプリットのようなポジションです!

④安全の確認できたら、ポールにかかっている足を後方へと伸ばす。チョップスティックスの完成!!

身体のどの位置でポールに止まっているの?

*片足の太もも

*ウエストあたり

*ポールを掴む手(ヒップホールドの場合は脇)

この技、案外柔軟性が必要となってくる技です^^;
そして筆者の苦手な前屈系・・・(死)
毎日のストレッチが重要となってくる技です!
前屈ストレッチが苦手なみなさん、諦めずに一緒に頑張りましょーーーー!!!!

いかがでしたか?

中級者向けのこのトリック!是非チャレンジしてみてください^^

以上、今回はポールトリック中級、チョップスティックスのトリック講座でした!!

【ポールトリック】ポールダンス技まとめ〜中級編〜こんにちは! 今回は、中級者向けのポールダンスの技をみなさまにご紹介したいと思います^^ 前回の初級編はご覧いただけましたか...
ABOUT ME
kokona
kokona
ダイエットのために始めたポールダンスに魅了され、脱サラしロサンゼルスにポールダンス留学中。留学について、ボディメイクについて、ポールダンスについて発信していきます。