中級ポールトリック

【中級】ショルダーマウント<ポールダンストリック講座>

こんにちは!!今回はポールダンスの技ショルダーマウントのやり方について解説します!

この技は海外でも「Shoulder mountショルダーマウント)」と呼ばれています*

こちらの技は、ポールに登る際に使う技ですよね!普通の逆上がりだけでなく、ショルダーも加えると、お客さんを飽きさせない演技になること間違いなしです!

一見簡単そうに見えますが、実はものすごく力が必要な技です。

また、最初トライする際は肩が悲鳴を上げるでしょう・・・(笑)

でもしっかり練習すればいずれできるようになります*

ポールダンスは諦めずに練習することが大事です!!

では早速みていきましょう^^

ショルダーのやり方【Cup Grip(カップグリップ)】

ショルダーの手の構え方ですが、メジャーなものが2種類あります。

まず、最もメジャーな手の構え方が、「カップグリップCup Grip)」といって、手を捻らずにそのままポールを掴むやり方です。

こちらの方が、最初トライする際は簡単です!

①ポールに対して背中を向けて立ち、ポールに対して内側の肩をポールにくっつけ、天井を見上げるようにして脇を締めて両手でポールを掴む。この時、親指はポールを囲むように持つのではなく、人差し指につけるように握りましょう。

左右は、自分のやりやすい方で大丈夫です!手の上下はポールに付けている方の肩と同じサイドの手が下になるように握ります!

例:右肩をポールにつける場合:右手⇨下 左手⇨上

左肩をポールにつける場合:左手⇨下 右手⇨上

②床を蹴り上げて、足でポールをキャッチしにいく。

足でポールを掴んだら、そのまま安全に床に降りてきます!

慣れてきたら、ブラスモンキーなどの形に入るとスムーズだと思います^^

最初は、床を蹴ってとにかくポールを足でキャッチしにいきましょう。

動画では、最初から膝を曲げずにショルダーに入っていますが、最初は絶対に無理です(笑)

膝を曲げてOKなので、とにかくショルダーの形に慣れるところから始めましょう!

ショルダーマウントの練習の仕方

いきなり床からショルダーに入るのが怖い!という方のための練習方法をご紹介します!

【1stステップ】

床に寝そべり、ポールに対して内側の肩をポールに付け、内側の手を下にしてポールを握る。足を45°に開き、下半身を頭の後ろへ持っていく。これを繰り返す。

【2ndステップ】

通常のショルダーのポジションに立つ。そこから、膝を伸ばし床から足を持ち上げる。これを繰り返す。

膝を曲げずに行うのはハードだと思うので、先ずは膝を曲げた状態から足を宙に浮かせる練習でもOKです!

【3rdステップ】

床に座り、ショルダーのポジションに入る。そこから宙に上がる。

動画ではこのやり方を紹介していますが、この方法は私的にかなりハードだと思います!

動画では、体育座りで行っていますが、足を立てて座る方法(ヤンキー座りって言えばわかりますか?笑)から、宙に持ち上げると良いでしょう!

ショルダーマウントのやり方【Twisted Grip(ツイストグリップ)】

続いて、もう一つのショルダーのやり方、「ツイストグリップTwisted Grip)」の方法です!

こちらの方が見た目が少しオシャレかな?^^

カップグリップよりハードですが、カップグリップに慣れてきたら挑戦してみてください!

①ポールに対して背中を向け立ち、ポールに対して内側の肩をくっつけ、天井を見上げるようにして脇を締め、内側の手は肘を伸ばし、捻ってポールを掴む。外側の手は肘を曲げてそのままポールを掴む。

②床を蹴り上げて、足でポールをキャッチしにいく。

こちらも最初不安な方は、練習ステップを踏むと良いでしょう^^♪

身体のどの位置でポールに止まっているの?

*両手

*肩

いかがでしたか?

普段の逆上がりがマンネリ化してきた方は、是非このトリックに挑戦してみてください^^!

以上、今回はポールトリック中級、ショルダーマウントのやり方でした!!

【ポールトリック】ポールダンス技まとめ〜中級編〜こんにちは! 今回は、中級者向けのポールダンスの技をみなさまにご紹介したいと思います^^ 前回の初級編はご覧いただけましたか...
ABOUT ME
kokona
kokona
ダイエットのために始めたポールダンスに魅了され、脱サラしロサンゼルスにポールダンス留学中。留学について、ボディメイクについて、ポールダンスについて発信していきます。