初級ポールトリック

【初級】タミー(ジェミニ・アウトサイドレッグハング)<ポールダンストリック講座>

こんにちは!!今日はポールダンスの技タミーのやり方について解説します!

こちらの技はみんな呼び方が違う!!!日本では「タミー」と呼ばれることが多いですが、海外では「Geminiジェミニ)」もしくは、「Out sideleg hangアウトサイドレッグハング)」と呼ばれています。実はポールダンスの技の名前って世界共通じゃないんですよね。本当にややこしい・・(笑)現在IPSF(国際ポールスポーツ連盟)が名称を統一しようと試みているようですので、おそらく今後は技の名前が統一になってくるでしょう^^

IPSFについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ*

この技はド初級の技です!!逆上がりができるようになったらこのポジションに入って、技を繋げることが多いので、習得必須です!!では、早速みていきましょう!

タミー(ジェミニ・アウトサイドレッグハング)のやり方

①ポールで逆上がりをします。

②外側の足をポールにかけ、膝裏でしっかりポールを挟みます。

③内側の足をそのまま下に下ろしていきます。

④安全が確認できたら、両手を離します。完成!

最初から両手を離すのは怖いと思うので、最初はポールを握ったままでOK!だんだん慣れてきたら、片方だけ離してみましょう!また、手を離す際に内側の脇をポールに挟むと安定します*

この技は、膝の裏でポールを挟むトリックなので、膝の裏でポールを挟むことに慣れる練習として、動画では以下の方法が説明されています。

①ポールの真横に立ち内側の手はできるだけ高い所、外側の手は少し下の所でポールを握ります。

②内側の足の膝をできるだけ高い所でポールに引っ掛けます。

③お尻をポールをかけている膝よりも下の位置に持っていくようにし、ポールに近づけます。

④そのまま体重をかけ、外側の足を床から外し空中に持っていき、キープ!

前回の記事で紹介したマティーニの入り方と同じです*始めから逆上がりで練習するのが怖い方はこの練習で膝の裏でポールを挟むことに慣れることから始めてみてください( ´ ▽ ` )

身体のどの位置でポールに止まっているの?

*外側の膝の裏

最初行う際は、外側の膝裏だけだと恐らく怖いと思うので、その場合は内側の脇でポールを挟むと少し安定します*

いかがでしたか?この技はポールをやるからには絶対習得必須のトリックです!!私もこの技に初めて挑戦した際は膝裏だけでポールに全体重捧げるなんて無理!!と思っていましたが(笑)慣れるとかなり安定感の高い技で、技と技の繋ぎでかなり使えるのでとっても便利です^^

以上、今回はポールトリック初級、タミー(ジェミニ・アウトサイドレッグハング)のご紹介でした!!

ABOUT ME
kokona
kokona
ダイエットのために始めたポールダンスに魅了され、脱サラしロサンゼルスにポールダンス留学中。留学について、ボディメイクについて、ポールダンスについて発信していきます。