初級ポールトリック

【初級】エンジェル(スコーピオ・インサイドレッグハング)<ポールダンストリック>

こんにちは!!今日はポールダンスの技エンジェルのやり方について解説します!

エンジェルと呼んでいるのは日本のみで、海外では「Scorpioスコーピオ)」もしくは「Insideleg hangイントサイドレッグハング)」と呼ばれています。ちなみに、海外でエンジェルというと、「Angel Spinエンジェルスピン)」といった初級スピンだったり、他にもロシアではエンジェルというと違う形のものを指します。名前が世界共通じゃないのって本当にややこしいですね;;

この技は初級の技です!!だいたい逆上がりができるようになったらタミーエンジェルの順番で習う人が大半なのではないでしょうか!

タミーと同様、エンジェルから技を繋げることが多いので、習得必須です!!では、早速みていきましょう!

エンジェル(スコーピオ・インサイドレッグハング)のやり方

①ポールで逆上がりをし、タミーのポジションに入ります。

②内側の足を頭の方に持っていき、膝を曲げます。

この時、最初は手でポールを握ったまま行うと良いでしょう。

③外側の足を外すのと同時に内側の足をポールにかけます。

いきなり外すのが怖い場合は、まず内側の足を外側の足の膝の部分に置いてから足をチェンジさせると良いでしょう。

④外側の足はそのまま下に下ろしていきます。完成!

最初から両手を離すのは怖いと思うので、最初はポールを握ったままでOK!だんだん慣れてきたら離してみましょう!

動画では逆上がりから、ダイレクトにエンジェルになるやり方も説明していますが、最初はタミーからの方がやりやすいです!

動画の最初に、アウトサイドレッグハングとインサイドレッグハングの違いについて説明してます。最初は特に何が違うの〜〜って混乱すると思いますが、シンプルに以下の通りです。

アウトサイドレッグハング(タミー):膝裏でポールをキープ。

インサイドレッグハング(エンジェル):内腿とふくらはぎの上部でポールをキープ。

形は似ていますが、ポールをどこでキープしているかによって変わりますので、覚えておくと良いでしょう!

身体のどの位置でポールに止まっているの?

*内側の足の内太もも

*内側の足のふくらはぎの上部

この技、初めてやるときはめちゃめちゃ痛いトリックの一つです!(笑)でも不思議なことにだんだん慣れてくるんですよね。本当に不思議・・・始めたての頃は痛くて嫌いなトリックでしたが、慣れるととても安定するトリックで、繋ぎにも使いやすいのでよく使うトリックになりました^^ポールをやるからにはこちらもタミー同様、絶対習得必須のトリックです!!

心菜
心菜
個人的にタミー→エンジェルの高速入れ替えの技がかっこよくてお気に入りです*初心者向けのトリックなのにそう思わせない見映えのする技なので、タミー・エンジェルと、両方習得できたら是非挑戦してみてください!

いかがでしたか?最初は痛いけど慣れたらとっても便利なこの技!是非お試しあれ!以上、今回はポールトリック初級、エンジェル(スコーピオ・インサイドレッグハング)のやり方でした!!

ABOUT ME
kokona
kokona
ダイエットのために始めたポールダンスに魅了され、脱サラしロサンゼルスにポールダンス留学中。留学について、ボディメイクについて、ポールダンスについて発信していきます。