中級ポールトリック

【中級】ハンドスタンド(ハンドスプリング)<ポールダンストリック講座>

こんにちは!!今回はポールダンスの技ハンドスタンドのやり方について解説します!

この技は海外で「Hand Springハンドスプリング)」と呼ばれています*

ちなみに、海外で「ハンドスタンドHand Stand)」というと、単なる倒立のことを指しますのでご注意ください!

ハンスタと呼ばれるこの技!!

憧れる方も多いのではないでしょうか?^^

私もポールを始めたての頃からこの技は憧れで、自分が習得した日にはとても嬉しかったのを今でも覚えています*

こちらの技は入り方のバリエーションがたくさんあり、上級者になると様々なポジションからこの技に入ることができます。

こちらの技はご覧の通り、両手でしかポールを支えておりません!

ですので、腕の筋肉はもちろん、体感バランスも必須な技になっております!

難しいように見えますが、自分のハマるポジションを見つけてしまえば思ったより簡単な技です!

ポールダンスの技って最初は難しく思えても、感覚や自分のハマるポジションを見つけてしまうと案外簡単にできちゃったりします。

筋肉ももちろん必要ですが、ハマるポジションを模索するよう心がけて練習すると良いでしょう!

ハンドスタンドのやり方【地上からスタートver.】

ハンドスタンドへの入り方はいくつもあるのですが、今回は初心者が入りやすい2パターンをご紹介したいと思います!

まずは一番初心者に優しい地上からのスタートです!

①ポールの下部分を手の平を返すようにして握る。この時、低いポジションから始めましょう。下部分の手が高すぎると体を持ち上げるのもそれだけ困難になってしまします!

左右は、自分のやりやすい方で大丈夫です!わからない方は自分がどちらサイドで逆上がりをするかで考えると良いでしょう!

例:右サイド逆上がりの人:下の手⇨左 上の手⇨右

左サイド逆上がりの人:下の手⇨右 上の手⇨左

②ポールの上部分を、手を内側に回して掴む。

※この時、ポールを掴む方法(下記画像参照)が3種類あります!

YouTubeのチュートリアル動画には画像CのTrue Gripが多いです。

しかし、最初は画像AのTwisted Gripが一番簡単です!

参考として載せたビデオはTwisted Gripですので、ぜひ参考にしてみてください^^

出典

③上部分を掴んだ方と同じサイドの足を蹴り上げると同時に、体を天井に向ける。

④曲げている膝をまっすぐ伸ばして完成!

最初は空中で体を天井に向けた状態のキープが難しいと思うので、「足を蹴り上げて地上に戻る」練習を何度も繰り返し行いましょう。

慣れてきたら、空中キープに移りましょう。

ハンドスタンドのやり方【空中からスタートver.】

続いて、空中スタートのハンドスタンドの方法です。

地上スタートの方が簡単な方もいれば、空中スタートの方が簡単という方もいますので、自分に合ったやり方で練習してみてください!

片方ができれば、もう片方も比較的早くマスターできると思います^^

①ポールに登り、空中逆上がりをし、両足の太ももでポールを掴みます。

②内側の手をできるだけ頭の上(床の方)まで伸ばしポールを掴みます。また外側の手は内側に返してポールを掴み直します。

③お尻をポールから離していきます。この時、足首でポールを掴みバランスをとりましょう!

④一気に足を開くと同時にポールから足を離す!

この時に怖がって足を片方ずつ離してしまいがちですが、片方ずつ離してしまうとバランスが不安定になってしますため、両足一緒に開いた方が安定しやすいです!

身体のどの位置でポールに止まっているの?

*両手オンリー!!!!!!

両手のみで体を支えているので、筋肉がめちゃくちゃ必要なトリックに一見見えますが、そんなことありません。

バランス感覚とコツを掴んで自分のハマるポジションさえ見つけてしまえばムキムキでなくとも習得できます*

いかがでしたか?

とってもとってもかっこいいみんなが憧れるこのトリック!

是非チャレンジしてみてください^^

以上、今回はポールトリック中級、ハンドスタンドのやり方でした!!

【ポールトリック】ポールダンス技まとめ〜中級編〜こんにちは! 今回は、中級者向けのポールダンスの技をみなさまにご紹介したいと思います^^ 前回の初級編はご覧いただけましたか...
ABOUT ME
五十嵐 琴美
五十嵐 琴美
ダイエットのために始めたポールダンスに魅了され、脱サラしロサンゼルスに1年間ポールダンス留学。ポールダンスの魅力について発信していきます。